ホーム > お役立ちメモ > ヨーグルトと健康

ヨーグルトと健康

最近、テレビでヨーグルトの話題が多くなっています。

その一部をご紹介します。

1月23日放送 NHKあさいち「新発見続々 すごいぞ!ヨーグルトの力」

(NHKホームページより)

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内環境を整え、便秘解消や美肌につながると人気ですが、さらに最近は、内臓脂肪の蓄積を抑制したり、インフルエンザを予防する乳酸菌のパワーが次々と発見されています。
また、女性たちの間で話題を集めているのが、ギリシャヨーグルトです。発酵の過程に加えて、伝統の製法で水切りしているのが特徴ですが、自宅でもアレンジできる裏技をギリシャ大使夫人に教えてもらいました。

「インフルエンザ予防効果も!?」

佐賀県有田町で行われた調査を紹介されました。
調査は、町の小中学生1,904人が参加し、「R-1乳酸菌」入りのヨーグルト(飲料タイプ)を1日1本(112グラム)、半年間、飲み続けるというものです。すると、有田町の子どもたちのインフルエンザの感染率が、周辺地域や佐賀県全体と比べて極めて低いことが分かりました。R-1乳酸菌は、発酵の過程で、「多糖体」と呼ばれる、糖を含んだたんぱく質を大量に作り出します。この多糖体が、体の中に入ると、免疫機能で重要な役割を果たすナチュラルキラー細胞を活性化させます。そのため、インフルエンザウィルスも撃退できたのはないかと考えられています。われた調査を紹介しました。

「メタボ対策の救世主!?」

去年、行われた調査では、ヨーグルトに含まれる乳酸菌「ガゼリ菌SP株」が、メタボの改善に効果があることが分かりました。調査の内容は、肥満気味の87名にガゼリ菌SP株を含むヨーグルトを毎日200グラム、3か月間食べてもらうというもの。すると、もっとも効果のあった人で、内臓脂肪が42%減少、平均でも4%減少しました。内臓脂肪以外にも、皮下脂肪やウエスト、ヒップなどの項目も減少しました。
その他、乳酸菌の機能として、「LB81乳酸菌」には、肌の弾力やキメ密度など、皮膚機能の改善効果があることや、「ビフィズス菌BB536」などには花粉症の症状を緩和する効果が期待できることをご紹介しました。
※ヨーグルトは薬ではありませんので、誰にでも必ず効くというわけではありません。
乳酸菌との相性や周りの環境によっても違います。

「美女には必ず秘密がある」

10年前から、毎朝欠かさずヨーグルトを食べているという君島十和子さん。君島さんは、ヨーグルトに不足している食物繊維を補うために、ヨーグルトにきな粉を入れていることを紹介しました。食物繊維も腸内環境を良くする食材で、ヨーグルトとの組み合わせで、効果がアップします。他に、食物繊維が豊富な食材には、さつまいもや干し柿などがあります。さらに、君島さんが必ず一緒にとっているのが、りんごやにんじん、しょうがなどを合わせた特製ジュースです。こちらは、ヨーグルトに不足しているビタミンCを補うためです。

モデルの道端カレンさんも、3つの食材を組み合わせて、効率的にヨーグルトをとっています。食物繊維が豊富なバナナ、腸内を滑らかにすると言われるくるみ、オリゴ糖を含んだハチミツのピューレです。そのピューレをヨーグルトにかけているのですが、その中でもポイントは、ハチミツに含まれるオリゴ糖。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内で善玉菌の代表、ビフィズス菌を増やしますが、ビフィズス菌は、オリゴ糖をエサとして増えることができるためです。ほかに、オリゴ糖を含む食材はきな粉や大豆、とうもろこしなどです。

「ソクラテスもびっくり話題のギリシャヨーグルトが登場」

アメリカやヨーロッパで大ブーム、日本でも人気が広がっているのが、ギリシャヨーグルトです。ヨーグルトの発酵の過程に、伝統製法で水切りしているのが特徴で、濃厚でコクがあり、たんぱく質は普通のヨーグルトの2倍です。

1月12日放送 NHK 爆笑問題のニッポンの教養 「免疫力UPのコツ!」

免疫とは病原菌や毒素から自分で自分の体を守ろうとするシステムです。
免疫力が高ければいつまでも健康を保てることで今、注目を浴びています。

免疫には生まれつき持っている「自然免疫」と生後獲得する「獲得免疫」があります。獲得免疫の力は、年齢に関係しないといわれています。

人の体は1日のうちに約1兆個の細胞が分裂し、そのうち毎日、1日で約5000個の出来損ないの細胞やがん細胞が出来きます。
それを殺しているのがナチュラルキラー細胞(NK細胞)。
NK細胞は年齢と日内変動で夜の10時~深夜2時は活動量が低下します。

運動とNK活性の関係は激しい運動でNK活性が上がるが、運動後は下がりが大きくなるので適度にNK活性を上げるのちんたら運動がいいという。
精神的なストレスに弱いのがNK活性。特に悲しいストレスに弱い。
動物実験では、NK活性が下がった動物に元気な動物を置くと元気な動物の
NK活性も下がるという。なので暗い人のそばに行かない方がよい(笑い)。
声を出して笑うだけでNK活性は上がるといわれます。
笑って何も考えていない脳が真っ白になる状態も大事です。
笑う門には免疫力。

肉や卵に含まれるたんぱく質は免疫細胞を作る大切な材料なのでオムライスやステーキは免疫学的には、おすすめの食べ物だという。
コレステロールや中性脂肪の基準は国、医師によって考え方が違うが、ある程度高いほうが長生きで低すぎる人は発がん率が高いなど見直されてきているという。
性ホルモンはコレステロールからできており、スケベ・頭が良い・コレステロールが高いの3つはリンクしているという。

免疫力アップの効果的な食べ物はヨーグルト。

免疫細胞の7割は腸に集中しています。腸を整えることが免疫力のアップの近道です。
1日200gが理想とのこと。乳酸菌の種類によって効果は様々です。

・L-カゼイシロタ株 … ウイルスからガード
・R-1乳酸菌 … ウイルスからガード
・LGG乳酸菌 … アトピー予防
・ビフィズス菌 … 整腸作用

最後に免疫力アップの方法
つまり以下のことが免疫力アップするコツだという。
・夜更かししない。
・ちんたら運動。
・ガハガハ笑う。
・肉も食べる。
・ストレスをためない。

ホーム > お役立ちメモ > ヨーグルトと健康

ページの上部に戻る