ホーム > 食品・食材の話 > 牛乳の話2

牛乳の話2

特別牛乳

無調整牛乳は「牛乳」と「特別牛乳」に分けられます。特別牛乳とはタンパク質、炭水化物、カルシウムなどの「無脂乳固形分」や「乳脂肪分」が牛乳より多く含まれ、生菌数が1ml中3万個以下と牛乳を下回ること、搾乳してすぐに同じ建物で製品にすること、殺菌するなら「低温殺菌」又は「無殺菌」という厳しい条件をクリアーしないと認可が下りません。現在、全国で6ヶ所(6銘柄)しか認められていません。

特別牛乳の製造者 製品名 殺菌方法 備考
雪印こどもの国牧場
(神奈川県)
サングリーン 65度C、30分 500mlのみ。こどもの国の売店で販売
中部乳業株式会社
(愛知県)
中部特別牛乳 63度C、30分
農事組合法人クローバー牧場
(京都府)
グローバー牧場特別牛乳
ノンホモ
62度C、30分
チチヤス乳業株式会社
(広島県)
チチヤス特別牛乳 65度C、30分
白木牧場
(福岡県)
白木のジャージー牛乳ノンホモ低温殺菌
ノンホモ
65度C、30分
有限会社想いやりファーム
(北海道)
思いやり牛乳
ノンホモ
無殺菌 現在唯一販売されている無殺菌牛乳

想いやり生乳

「想いやり生乳」は、日本で唯一加熱殺菌を一切する必要がなく、搾ったそのままをビンにつめた牛乳。だから牛乳ではなく、「生乳」です。奇跡の無殺菌牛乳です。

高品質の牛乳の訳

日々の徹底した衛生管理・健康管理そして人間のイメージ・作業性・経済性を排除して、牛の立場・目線・牛のペースに合わせます。牛にストレスをかけず、一頭一頭の個性を大切にし、健やかな牛を育てるためのあらゆる努力が、高品質の牛乳を産み出しているのです。

牛追いがない

牛を追い立てることはしません。牛達が人間に寄ってくるため、牛追いができないのです。牛達は自分のペースで搾乳室へ入って行き、搾乳中は目をつむって反芻しています。エサは牧草。もちろん無農薬・無肥料。配合飼料・遺伝子組み換え飼料・動物性飼料は一切使用していません。

厳密な検査

悪い菌は一切ありません。(出荷前に厳密な検査済)。カルシウム吸収促進酵素(CPP)・ラクトフェリン等のあらゆる酵素や乳酸菌がしっかり生きています。

高いカルシウム

牛乳のカルシウムは、もともと吸収率がずばぬけています。しかし加熱により、カルシウム吸収促進酵素(CPP)が働かなくなります。牛乳本来のカルシウム吸収率の高さを持つのは「想いやり生乳」だけ。

鉄分

鉄分は、食物からは通常10%程度しか吸収されません。その吸収を助けるのがラクトフェリンですが、これは牛乳中に最も多く含まれてます。ラクトフェリンも熱に弱い性質を持っていますが、「想いやり生乳」なら安心。女性に嬉しいですね。

生きる乳酸菌

牛乳には本来乳酸菌が含まれているのですが、50度Cで死滅します。乳酸菌が生きている牛乳は「想いやり生乳」だけ。 この牛乳は、ほとんど腐りません。賞味期限は設定されていますが、通常の「腐敗」はほとんどしないのです。発酵はします。加熱殺菌した市販の牛乳よりも細菌数が少ないのです!ならば納得ですね。放置すると、クリームが表面に浮いてきます。これぞ自然の姿。クリームも美味しい!

後味スッキリ

牛乳が苦手な方も多いと思います。鼻につく臭い、後口の悪さ、お腹がゴロゴロする、等々がその理由ですよね。「想いやり生乳」は非加熱のため、蛋白質の焦げた嫌な臭いが一切ありません。もしかすると、「薄い!」と感じる方もいらっしゃるでしょう。それほどスッキリとした味わいです。なるほど、あの牛乳独特の風味は加熱のせいなのですね。もちろんホモゲナイズ(均質化)していませんから、後口もスッキリです。

お腹にやさしい

牛乳は本来胃でコロイド状に固まりゆっくり消化されます。加熱によってその機能が失われ腸に負担がかかっていますが、「想いやり生乳」はお腹に優しくゴロゴロしません。ゆっくり消化されるため、乳糖分解酵素が少ない方でも問題なく飲めます。また加熱殺菌により変性した蛋白質は、腸内細菌が異物と認識して消化吸収しませんが、「想いやり生乳」は自然のまますべて吸収できます。

先日、NHKテレビで見た、牛の表情はとても印象的でした。ストレスなく、マイペースで幸せに生きている感じがよく伝わってきました。あの愛情と手間ひまで、この素晴らしい「想いやり生乳」が生まれるのです。これは牛乳ではなく別次元の飲み物です。みなさんも、1度は是非おためしになってください。カラダにスーッと入っていきますよ。
想いやり生乳について 
詳しくはこちらをご覧下さい。

想いやりファームさんのホームページをぜひご覧ください。
http://www.omoiyari.com

  1. 賞味期限は当店入荷日から大体5日程度となっておりますが、 想いやり生乳は上記の通り、発酵という変化はしますが腐敗はしません。 賞味期限を過ぎると上部にクリームが浮き始めてきますが、未開封であれば、数日は牛乳として十分飲めます。
  2. 毎週2回入荷しておりますが、売り切れの際はご容赦下さい。 おとりおきいたしますので、お気軽に声をかけてくださいませ。

ホーム > 食品・食材の話 > 牛乳の話2

ページの上部に戻る