ホーム > 食の安心・安全 > 食べればわかるこの味、この価格

食べればわかるこの味、この価格

鴨川・竹の内米店 長狭米

ながさ米(長狭米)とは、千葉県鴨川市の長狭平野で収穫されるお米の総称です。千葉県は江戸時代からおいしいお米の産地として知られています。 中でも長狭地域は北に清澄山系、南に嶺岡山系を望む細長い平野で、稲の成長に必要なミネラル分をたっぷり含んだ重粘土質の土壌と良質の水が湧き出る、おいしいお米を育てるのに最適な環境です。
ながさ米は、歴史ある米づくりの中で明治4年に行われた明治天皇即位の大嘗祭に献上される米を作る斎田に選ばれたこともあり、その址が現在も鴨川市の「主基斎田址公園」として残されています。 平成3年には「日本の米づくり百選」にも選ばれ香取郡の多古米と並んで千葉県のブランド米として質の良さが認められています。

長狭地区棚田  同じ品種でも、栽培される地域によって味  わいが変わるといわれるお米。中でも長狭地 域で採れる「ながさ米コシヒカリ」は甘みが強く、 ねばりがあり、米どころ「新潟コシヒカリ」に勝とも劣らないおいしいお米だと評判です。

長狭米『コシヒカリ』

『コシヒカリ』は味がよく粘りもあり非常に人気が高く、全国で最も多く栽培されているお米です。長狭米コシヒカリは重粘土質の土壌のため、粘りがありもちもちとした食感の甘みのあるお米です。

長狭米『ふさおとめ』

『ふさおとめ』は千葉県のオリジナルのお米です。艶があり、大粒のふっくらとした炊き上がりで、ややあっさりとしています。収穫期はコシヒカリよりも早く、長狭地区では8月中旬頃から収穫が始まります。  

ホーム > 食の安心・安全 > 食べればわかるこの味、この価格

ページの上部に戻る