しげのやホーム プロバイオティクス 納豆菌 ナットーキナーゼ イソフラボン

納豆のちから

プロバイオティクス

人の腸の中には多くの細菌がすんでいます。その数はおよ100兆個、約300種類。重さは約1kgにもなるそうです。これらの細菌は「腸内細菌」と呼ばれています。
腸内細菌は人に寄生しているわけではありませんん。消化を助けたり、ホルモンを作ったり、免疫力を強めたり、ビタミン、ミネラル、酵素、たんぱく質を構成しながら腸の働きを調整するという、人の健康に大切な働きをしています。
腸内細菌の中で、人の健康によい働きをするものを善玉菌(有効菌)、悪い働きをするものを悪玉菌(有害菌)と呼んでいますが、ビフィズス菌、ヤクルト菌、酵母菌などが善玉菌の代表です。 反対に悪玉菌の代表と言えば、腐敗菌です。腐敗菌は便秘や下痢の原因になり、また便秘や下痢を長引かせる大きな要因になり、腐敗菌の代名詞と も言うべきウィルシュ菌に至っては、タンパク質を分解して発ガン物質を作ったり、老化を早めたりすると言われています。
腸内細菌が乱れると、健康に支障が出ます。そこで、腸内細菌をコントロールできれば、もっと健康になれるのではないか、という研究が進んでいます。これを、「プロバイオティクス」といいます。
現在、プロバイオティクスの研究は世界的に見るとビフィズス菌などの乳酸菌が中心ですが日本では納豆菌の研究も進んでいます。

納豆菌とは

腸の中には、善玉菌から悪玉菌に至るまでさまざまな腸内細菌があり、それらが相互に作用 しながら、各種の酵素を製造したり腸の中の清掃を行なったりしています。納豆菌はそれらの善玉菌と共同して、特殊な酵素を作り出し、その酵素の力で便秘や下痢などで発生した腐敗菌を殺し、善玉菌を増やしています。これが現在推定されている納豆菌の整腸作用のしくみです。しかしながら、納豆菌は腸内細菌ではありません。乳酸菌のように腸の中に留まることはありません。大体、1週間くらいで排出されますので常時、補給することが大切です。

納豆、特に糸引き納豆は日本独自のものです。蒸した大豆を藁(わら)で包んで発酵させた「発酵食品」です。現在では、蒸した大豆に純粋培養した納豆菌を添加してつくられています。
納豆を食べると乳酸菌が増えるという報告があります。納豆菌は乳酸菌よりも生命力が強く、直接、腸に働きかけます。そして、納豆に多く含まれる「オリゴ糖」がビフィズス菌のえさになり、善玉菌を増やすという結果に結びついています。

納豆に含まれる偉大な成分

ナットーキナーゼ

ナッ トウキナーゼは、納豆のネバネバの中に含まれる成分で、納豆に含まれる納豆菌だけが作り出せる酵素です。ナットウキナーゼは、心筋梗塞や脳硬塞の原因となる血栓を溶かし血液 をサラサラにする酵素として非常に注目されています。また、強い抗菌作用と免疫力 を向上させる働きがあることから、感染症予防やガン抑制作用にも期待されている注目の成分です。
このナットーキナーゼこそ納豆の究極の成分だと言えます。なぜなら、ナットーキナーゼは大豆と納豆菌の組合せでしか生成しないのです。
ほかに、納豆菌がつくりだす酵素には、たんぱく質をアミノ酸に分解する「プロテアーゼ」、デンプン質をブドウ糖に変える「アミラーゼ」、中性脂肪をグリセリンと脂肪酸に分解する「リパーゼ」、繊維質を糖質に分解する「セルラーゼ」、また「ウレアーゼ」「パーオキシダーゼ」「カタラーゼ」「ペクチナーゼ」等があります。

たんぱく質・リノール酸

納豆のタンパク質は、生活習慣病の原因となる血中コレステロールを低下させる効果があります。また、その成分であるペプチドは血圧の上昇を抑えます。 不飽和脂肪酸であるリノール酸は、コレステロールをあまり含まない上に、善玉コレステロールを増やす効果があります。 このような効果のため、納豆にはコレステロールが原因で起こる動脈硬化や高血圧などの予防効果があるのです。

ビタミンB2・ビタミンK2

ビタミンB2は細胞の再生や成長を促進するはたらきがあり、健康な皮膚、髪、爪をつくります。そのほか、脂質の代謝を促進し、糖質の代謝にも関係しています。不足すると、脂質の代謝がスムーズにいかず、エネルギーになりにくくなります。 人間が糖分からエネルギーを得るための化学反応として酵素が必要ですが、酵素には補酵素が必要な場合があり、その役目をビタミンB2が行うため、上記の働きをします。 また、粘膜を保護するはたらきもあるので、不足すると口内炎、口角炎、目の充血、角膜炎などを起こします。
ビタミンB2は、摂りすぎても尿となって出てしまうだけなので、食べ過ぎても特に問題はありません。

ビタミンK(特にK2)は、カルシウムが骨になるのを助ける「骨たんぱく質(オステオカルシン)」の働きを高めます。ビタミンK2を多く含む食品は納豆だけです

食物繊維

納豆の食物繊維と納豆菌が生み出す多様な酵素が消化を助け、腸内をきれいにします。その結果、便秘の予防につながり、シミ・ソバカスの発生を抑え美肌を保つ作用もあります。

イソフラボン

イ ソフラボンは大豆に最も多く含まれており、女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをします。なかでも更年期障害や骨粗鬆症 (骨からカルシウムが溶け出すことで骨がもろくなる病気)には予防効果があると言われています。
イソフラボンは女性ホルモンの欠乏を補うだけではなく、女性ホルモンが過剰に分泌したときにはそれを調整する作用がありますので、女性ホルモンの過剰が原因で起こる乳がんの予防や、ホルモン依存型 である前立腺ガンや子宮ガンに対しても効果があると考えられています

その他

セレン

抗がん作用があるといわれています。がん患者の血液にセレンが少ないことから、セレンの抗がん作用が研究されるようになりましたが、その仕組みについては、まだ解明されていません。アメリカではセレンが既に抗がん剤としてがん患者に投与されています。

ジピコリン酸

納豆のネバネバした糸の中に含まれ、納豆菌が増殖する際に作り出されます。抗菌作用があり、O-157やコレラ、赤痢、チフスなどに対して強い働きをしめします。

ムチン質

納豆のネバネバのことです。 オクラ・山芋の粘りと同じもので、正式な学名は「グルタミン酸ポリペプチド」といいます。肌をうるおす効果があるため、若々しい肌をつくります。 また、タンパク質の吸収を助ける作用があり、胃壁を保護して、胃かいようや胃炎を防止してくれます。

亜鉛

納豆に含まれる、ビタミンB2、亜鉛、マグネシウムなどは納豆の発行過程でとても吸収しやすい状態になっています。これらは、脂質の代謝に不可欠で「悪性エイコノサイド」によるアトピーの体質化をとめる効果があります。

このように納豆は日本が誇る完全食とも言える食品です。ただ、残念なことはビタミンA・ビタミンCが含まれていません。薬味としてビタミンA・Cを含む、刻みネギなどを入れるということは、先人たちの素晴らしい知恵だと思います。 現代の野菜では、ビタミンAとビタミンCを多く含む「ブロッコリー」等と組み合わせれば、完璧な栄養バランスとなります。

毎日、納豆を食べる習慣を持って腸内環境・栄養バランスを改善して下さい。免疫バランスが改善され、アレルギー体質の大きな改善効果が見られます。

Copyright(C) SHIGENOYA.CO.LTD, All rights reserved.